薄毛に悩む男性の育毛対策体験談まとめ|私がやっている育毛対策

【26歳男性の育毛対策体験談】
26歳の自営業男性です。

飲食店の経営をしているのですが、ある日以降自分の薄毛と向き合って生活しています。

飲食店が忙しく、家事もこなしていたために、睡眠時間は3時間~6時間位の毎日が続いていました。

しかも寝る時間は深夜だし、仕事が終わってから3食目をとっていたので夜中の時間帯に食事をしてました。

しかもお酒もその時間にかなり飲むし少ないと言いながらも毎日数本の喫煙の癖があり、これも止める事ができずにいました。

喫煙に関しては身体に良くないことももちろん知ってましたが、それでも気分転換やストレス発散の意味もあり、やめられませんでした。

そんな生活を続けていたある日、抜け毛が起こり始めました。

髪の毛はストレートにしていて肩上ぐらちまでの長さがありましたが、掃除をした時にかなりの抜け毛を感じていました。

寝癖を直す時などもブラシに付着した大量の髪の毛や、シャンプーをした時に排水溝に溜まる抜け毛に驚く毎日でした。

そしてその量が日に日に増えていくことにショックを受けていきました。

呑気傾向の性格の私でも「このままでは行けない」と思いはじめました。

それからというものの飲食店の常連さんや取引先の人などにもチラチラ髪を見られるようになったのですが、その視線が本当に辛かったです。

「若いのにハゲた」というこの自体が悩みでした。

飲食店を始めて1年以内なので、今から3年ほど前になります。自営業の仕事が軌道に乗り始めるまでの時間は特に不規則な生活になりました。

それが大きな原因だったのではないかなと思います。

私は発毛剤のスカルプDミノキ5の使用を始めました。しかし、不規則な生活をしたまま利用したその効果は良くありませんでした。

植物と同じようにいくら良い肥料や栄養を与えても、それを受け入れる土台がしっかりとしていなければならないと気づき、基本的な生活スタイルを改めることをしました。

例えば食事の栄養バランスを考えるためにインスタント食品をやめたり、夜中に食事を取らないように時間の調整をしたりしました。

また、忙しくても十分な睡眠をとること、時間を見つけてできるだけ運動したり、ストレスを溜めないようにするなどの基本的なことです。

すると不思議なことに、今まで効果が全くなかったはずの発毛剤の効果が出始めてきました。

基本的な生活にするだけで発毛剤の効果もしっかりと感じられたので私はまた「髪を取り戻す」ということに対して前向きに取り組んでいこうと思っています。
【37歳男性の育毛対策体験談】
30歳を過ぎてからだんだんと薄毛が進んできて、35歳半ばには誰が見ても普通の人に比べて髪の毛が薄い状態になってしまいました。

私の父や兄弟、そして祖父などの親族を見渡しても薄毛だったという人はほぼいません。

という事は薄毛になった原因は遺伝的なものではなく、まさに自分にあったのだなと思いました。

私には自分が薄毛になる思い当たる所がありました。

まずは仕事です。私は会社で営業の仕事をしています。正直、営業の仕事はとても忙しい。

朝は早くから会社に出社し、夜は夜で残業に接待、そして会社の人とのおつきあいでお酒を飲む日々。

そんな状態ですから、生活は乱れに乱れています。

特に食生活は本当に乱れています。

昼食で食べるごはんは天丼、カツ丼、ラーメンに中華と言った油分たっぷりのものばかり脂っこい食事は頭皮に悪いという事は定説です。

また、仕事の忙しさから来るストレスも薄毛になる原因だと思います。

ほぼ毎日会社で行われる営業会議では、リアルタイムで営業成績について上司から責めを浴びます。

そんなストレスも血行を悪くしてしまい、薄毛には良くないと聞きました。

私は薄毛になってから、とにかく育毛剤などを試しました。昔に比べて育毛剤は本当に進歩しているようです。

ネットで口コミを見ても、本当に生えてきた!という評判ばかりです。私はネットでこれは良いという育毛剤を見つけると早速試してみました。

確かに心地はなかなか良さそうです。スカッとしていかにも頭皮に刺激を与えて髪の毛がどんどん生えてきそう。

実際、育毛剤を使うようになって抜け毛は減ったかな?という感想は持ちました。

けれども、薄毛の進行は止まったけれども、それ以降はあまり効果はないなと思いました。

ですので、育毛剤は私の薄毛がこれ以上、ひどくならないようにする目的で今も使い続けています。

やっぱり、薄毛対策は根本から問題を解決しないとダメなんだなと私は思いました。

そうです、それは私の生活習慣の改善です。

まず、私は食生活を改めました。仕事で忙しく、昼食などはささっと食べることができて、かつお腹が満足してくれるものばかりをそれまで食べていました。

けれどそんな食べ物はどれも油分たっぷりで頭皮には良くないものばかり。

頭皮に汗や皮脂などが溜まると毛穴に詰まってしまい、結果薄毛につながってしまうのです。

ですから私はラーメン、カツ丼、揚げ物といった食べ物をなるべく食べないようにしました。

夜は夜で、接待は仕方ないのですが、会社の人とのおつきあいは極力遠慮させていただくようにしています。

また、薄毛の原因になったストレスも上手に発散するように生活を改めました。

休日には家族とサイクリングに行くようにしたのです。

サイクリング、この年齢になって始めましたが、なかなか気持ちが良いですよ。

平日に溜まったストレスなど、いっぺんに吹き飛びます。なんでもストレスが溜まると自律神経を乱してしまい、結果血液の流れなども阻害してしまうそうです。

血行が悪くなると頭皮にしっかりと栄養が届かなくなるので、これが薄毛の原因になってしまうという訳です。

ですから、薄毛の人にとってはストレスは大敵という訳です。

サイクリングを始めて、少し手足の冷え性も解消したかなとう気がします。これも血行が良くなった証拠なのかもしれません。

そんな生活習慣の改善を始めて1年が経った頃、私の髪の毛に異変が生じてきました。

抜け毛が少なくなったことはもちろん、新しいそれまでちょぼちょぼと生えていた髪の毛が濃く、そして長くなってきたのです。

生活改善を始めて数年経ちますが、私の頭は以前よりも明らかに濃くなりました。

周りの人からは増毛をしたの?と聞かれるくらいの進歩です。やっぱり薄毛対策は体の内面から変えていくことが一番の近道かもしれません。

AGA薬のプロペシアで髪の毛が生えた|薄毛改善の体験談