プロペシアやミノキシジルの使用体験談まとめ|AGA薄毛改善への道

プロペシアやミノキシジルの使用体験談
【42歳男性:ミノキシジルタプレットの効果に驚き!】
僕は20代の終わりごろから髪の毛が薄くなり、30代に入ると生え際の薄さや前頭部のスカスカ具合が否が応でも目立つようになりました。

その当時は髪の毛を必死に伸ばして誤魔化そうとしていたのですが、もちろん何の効果も無くかえって薄毛が目立つ有様でした。

「薄毛隠しには短髪」のセオリーを理解していなかったのです。

なので、それ以降は髪を短くするようになったのですが、肝心の薄毛のケアは不十分でした。

何しろその頃はヘアケアに関するロクな知識も持っていなかったので無駄に値段の高いシャンプーを試したり、その辺のドラッグストアに売ってる育毛剤とは名ばかりの商品をあれこれ試したりもしました。

もちろん効果など出るはずもありません。日に日に僕の薄毛は進行していったのです。

そんな僕の薄毛人にもターニングポイントが訪れました。

ネット掲示板で薄毛関連のスレッドによく目を通していたのですが、それらの書き込みの中からミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)が効果ありとの有益な情報をゲットしたのです。

ミノタブは服用タイプの育毛薬なので、これまで塗布系の商品しか使った事の無い僕にとっては未知の領域でした。

しかもネットの情報によると、個人差はあるものの倦怠感や動悸といった副作用に見舞われる可能性もあるとの事でした。

迷いました。リスクを覚悟で試してみるか否か…。

ですが、このまま手を拱いていても薄毛が改善しない事は分かり切っていたので、ここは勇気を出してミノタブに挑戦する事にしました。

ちなみにミノタブはネットの個人輸入サイトで購入しました。

初めのうちは5mgくらいから始めるのが良いと聞いていたので、それに倣う事にしました。

結論を先に述べると、確かに髪の毛は生えてきました。

最初の2か月くらいはこれと言った変化は感じられず、むしろ「これもガセかよ」といった失望にも似た気持ちも抱きました。

ですが、3か月が経った頃、前頭部の髪の密度が濃さを増してる気がしたのです。

気のせいなのかミノタブが効いているのか、その時はまだ確信が持てませんでした。

ただ、丁度その頃実家に帰省したのですが、その折に両親から「髪が増えたんじゃない?」と言われ、そこで初めてミノタブの効果が本物である事に気づきました。

やはり他人の感想の方が信憑性がありますからね。

そこからはもう僕の髪の毛は少しずつですが回復に向かっていったのです。

細部に目を向ければまだまだ薄い部分は残っていたものの、少なくともパッと見だけなら薄毛と思われないレベルまでには戻ったと思います。

生え際の部分は若干心もとないものの、スカスカ具合が目立った前頭部はだいぶマシになりました。

ピンポイントの回復ではなく全体的な密度がアップしたと言えばよいでしょうか。

しかも嬉しい事に、服用前は懸念していたミノタブの副作用も全く表れなかったのです。

育毛剤に限らず薬には何らかの副作用は付き物ですが、僕の場合はミノタブとの相性は良かったのでしょう。

今はミノタブを使い続けて6年以上になります。 ドフサとまではいきませんが髪の毛はバッチリです。

現在の僕は40代ですが、年齢相応かそれにちょっと満たない程度のレベルは維持できています。

僕個人としてはそれなりに満足のいく結果を得られています。
【39歳男性:ミノキシジルタブレットを個人輸入!】
私は、30代後半になって、もうハゲかかっていました。

意識を向けたときには、もう遅かったのです。

どうヘアスタイルをいじっても、分け目やつむじ周辺の透けを隠し切れない状態でした。

思い切ってAGA治療薬である『プロペシア』を飲み始めました。

飲んで半年ほどで徐々に薄毛回復の見通しが立ったものの、決定的な育毛方法を見つけ出せずに生きていました。

そこで、新たなる刺激剤として、強力な育毛剤となる何かを欲していました。

それは、ミノキシジルの存在です。

塗り薬としては『リアップ』などでお馴染みの、血流を良くする成分です。

私がチャレンジしてみたいのは飲むミノキシジル、『ミノキシジルタブレット』でした。

プロペシアの時にもそうでしたが、気になるのはやはり副作用の存在。

リアップの注意書きにもありますが、ミノキシジルは血管を拡げる成分ですので心臓に負担がかかるのです。

正常な血圧の人なら大丈夫ですが、低血圧な人はさらに血圧を下げることになるので副作用が心配。

ですから、予め自身の血圧を知っておく必要がありました。

何度か慎重に計測した結果、若干の誤差を認めつつも、余裕で基準値をクリア。

ミノキシジルタブレットの適正あり、と判断しました。

ミノキシジルタブレットを入手する方法として、一番確実なのはAGAクリニックでしょう。

しかし、(プロペシアなどの)AGA治療薬込みで全ての処方薬剤に数万円かかるといわれています。

私は、毎月そんなにお金を出せないので、他の方法を模索しました。

幸い、よく利用していた海外のサイトで個人輸入できる取り扱いがありましたので、そこで購入することに決めました。

AGAクリニックで処方するよりも半値以下で購入することができました。

用量は、一番少ない2.5mgを毎日一錠。

実は、最初は5mgから始めたのですが、副作用の「顔のむくみ」に見舞われて、用量を下げざるを得ませんでした・・・。

素人判断は危ないと言われる典型ですね。

そこで、慎重に最小の2.5mgからスタート。

服用を開始して半年経過しても、あまり変化は感じませんでした。

時期としても、デュタステリド製剤(製品名:ザガーロ)を始めたばかりで、微妙な頃でした。

しかし、9ヶ月ほどして、ある副作用に気づきました。

手の甲をよく観察すると、腕の毛と手の甲の毛がつながっていることに気づいたのです・・・。

気のせいではありません。

腕の毛と手の甲の間に毛が生えて(太くなって)、つながって見えるようになったのです。

また、心なしか手の指の毛も目立つようになりました。

そして、額の、あまり頭髪の印象を変えないような部分にだけポヨポヨとした細いうぶ毛が確認できるようになったのです。

ミノキシジルタブレットは、デュタステリド製剤(ザガーロやアボルブ、これがAGAには一番堅実)と併用して現在も続けております。

デュタステリド製剤に救われるところもあって、頭髪は35歳頃の時と比べてかなり復活しました。


育毛に効果があるサプリ

AGA薬のプロペシアで髪の毛が生えた|薄毛改善の体験談